浄化槽からのイヤなニオイ…なにか対処法はありますか?
浄化槽からの悪臭にはいろいろな要因があります。

  • 槽内に汚泥が溜まりすぎるとにおいがします。使用に応じた適正な頻度の清掃を行いましょう。
  • ブロワの故障により好気性微生物が死滅し、悪臭が発生する場合があります。ブロワには定期的に交換する消耗品(ダイヤフラムなど)がありますので、決められた適正頻度で交換を行いましょう。
  • 使用開始初期、機能が安定するまでの間臭気があがることがあります。微生物の増殖・活性化により徐々に臭気がしなくなっていきます。
  • 流入負荷量が過大な場合、臭気がすることがあります。清掃の頻度を上げるなどの対応が必要です。
  • 蚊やハエが屋内に出て困っています…なにか対処法はありますか?
    殺虫プレートなどを浄化槽内に取り付けると効果的です。保守点検担当者にお気軽にご相談ください。
    浄化槽からの泡が多くて困っています
    洗濯洗剤やトイレ洗剤などを多量に使用すると泡が発生しますので、容器記載の使用方法に従って適量としてください(気になる場合は消泡剤を使用すると消えますので、保守点検担当者にお気軽にご相談ください)。
    浄化槽の清掃は年にどれくらいすればいいのですか?
    浄化槽管理者は浄化槽の清掃を年1回、全曝気タイプの浄化槽ではおおむね6ヶ月に1回行わなければなりません。
    浄化槽への流入量や流入基質によっては汚泥やスカムが早く生成されます。周辺環境への配慮のため、清掃回数を増やす必要がある場合があります。保守点検担当者にお気軽にご相談ください。

    浄化槽関連事業

    何でもお気軽にお問い合せください。0867-42-0549受付時間 8:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

    WEBからのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。