BDF(=Bio Diesel Fuel: 「バイオ・ディーゼル・ヒューエル」の頭文字の略語)は、化石燃料である軽油の代替燃料として、使用済み天ぷら油(植物性廃食用油)を原料に精製されるディーゼルエンジン用燃料のことです。

生活排水に流されたり、ゴミとして焼却されている使用済みの天ぷら油から、環境にやさしいBDFは作られます。BDFの有効利用は、いつかはなくなってしまう化石燃料などエネルギー資源の保護のみならず、地球温暖化防止や循環型社会の実現に役立ちます。

どうして廃食用油がディーゼル燃料に再生できるのか? —エステル交換のひみつ—

ディーゼルエンジンの燃料は、「着火性」が良好なことと、その「粘度」が適正であることが必要な条件です。廃食用油は、そのままでは粘度が高いため粘度を下げる処理を必要とします。 この問題を解決してくれるのが『エステル交換反応』です。

機械で廃食用油とメタノール、触媒を混合し撹拌することでエステル交換反応が起こり、脂肪酸メチルエステルとグリセリンが生成されます。反応後の静置により、上層部に脂肪酸メチルエステルが浮上し、下層部に粗製グリセリンが沈殿します。この脂肪酸メチルエステルのみを抽出後、温水による洗浄を繰り返すことで混合液中の脂肪分や石鹸分が除去されて、BDFが完成します。

廃食用油をBDF化できる原理は、廃食用油の脂肪酸メチルエステル化にあります。


BDF事業

何でもお気軽にお問い合せください。0867-42-0549受付時間 8:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

WEBからのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。